三東 洋先生

資格

  • 柔道整復師

■ 経歴

  • 1978年10月7日、島根県生まれ。
  • 学校法人七尾学園益田東高等学校3年の夏に甲子園出場。
  • 駒澤大学経営学部卒業後、ヤマハ(株)に入社。
    平成医療学園卒業。
  • 2002年 阪神タイガースに入団。
  • 2003年〜2007年 阪神タイガースで投手として活躍。
  • 2012年〜2015年 パーソナルトレーニングジムBASE for代表
  • 2015年 日常鍼灸整骨院開院

三東 洋先生からのコメント

初めまして 元阪神タイガースの投手で

現在 神戸市中央区で日常鍼灸整骨院を開院しております
院長の三東洋です。

野球選手からの施術者というサポート側に転向する今現在までの経緯を少し話しさせてください。

自身の野球選手時代 特に高校を卒業し大学への進学を決め
大学野球にも情熱を燃やし いずれはプロ野球への道をめざしていた
矢先に肩 肘と相次いでけがをしました。

思うよに野球ができない悔しさ そしてつらいリハビリの日々が待ち構えていました
何度も何度も 心が折れそうになりました。
プロのマウンドに立つその一心で なんとか乗り越え 
次へのスッテップ 社会人野球でプレーする事ができました。
社会人野球時代もケガの影響により 出場機会も恵まれてはなったのですが
それでもめげずに努力した結果 何と夢であった プロ野球 阪神タイガースへ
入団することができました。
幾多の怪我を経てきたので プロ野球人生が長くなくとも 野球人の聖地で
一度はマウンドに立つ そこに次の目標を掲げました。

そしてプロ野球選手時代 そこで第二の人生へと導いてくれた方たちとの出会いがありました。
それが 神門鍼灸整骨院さんでした。

阪神タイガース時代には大変お世話になりました。
ケガが多かったので治療はもちろんケア、トレーニング、食事指導などを徹底して支えて
いただけたので 僕がプロ野球のマウンドに立つことができ プロの選手の中で頑張れたのはもちろんなのですが 引退後もお世話になり、今度は自分が今まで何度も経験してきた ケガなどのサポートする施術者になりたいと思わせていただき 道を開いてくれたのも 神門鍼灸整骨院さんでした。

そうして今では 自分の治療院を構えられるまでになりました。

昔の僕みたいに ケガが多かったり スポーツ選手ではなくても
身体の悩みがあれば 何でも諦めないで 何か方法を探すのならば

神門鍼灸整骨院さんを 頼りにしてみてはいかがでしょうか。