寝違えで振り向けない。。。③

こんにちは!神門鍼灸整骨院本院の大岩です。

今回は、寝違えをした時の自宅でできる予防についてです。

もし、寝違えてしまったときは安静にしてください。

炎症が起きて、筋肉が損傷している場合もあります。

まずは、安静に!!

決して、ストレッチや動きの確認はしないようにしてください。

温めたり、冷やしすぎてはいけません。

温めると炎症を助長させますし、一時的に冷やすのは沈痛効果がありますが、冷やしすぎると血流が悪くなり組織の回復が遅くなります。

湿布を貼るのは効果がありますが、長時間貼らないように気を付けてください。

寝違えは1、2週間で治ります。

しかし、その間痛みと戦わなければなりません。。。

そんなときは、是非神門鍼灸整骨院へご相談ください😊