悪性貧血について

こんにちは!

神門鍼灸整骨院 本院の西本です(*^^)v

今回から、こんな症状が出たらどうすればいいの?

という方に「疾患チェック」をお送りします!

今回の疾患チェックは、「悪性貧血(巨赤芽球性貧血)」です。

悪性貧血は、葉酸欠乏型とビタミンB12欠乏の2つに分けられます。

葉酸欠乏型は貧血症状(めまい・ふらつき)+消化器症状がみられ、

ビタミンB12欠乏型はさらに神経症状も伴ってきます。

治療法としてはビタミンB12の補充療法が確立されています。

症状としては頭痛・めまい・動悸・息切れ・易疲労感など

年齢に不相応な白髪や、四肢末端の痺れ、腱反射減弱などもみられます。

もしかしたら・・・と思ったら、放置せずに病院へ受診してください!

※悪性貧血は放置すると2~3年で死亡する可能性が急激に上昇します。

ご相談していただければ、アドバイスもさせていただきます!

神門鍼灸整骨院 本院

0798-49-3333