梅雨の頭痛でお悩みの方は神門鍼灸整骨院へ

皆様、こんにちは!神門鍼灸整骨院の大岩です。

6月になりました!

とうとう梅雨入りしましたね。

この時期は湿気でジメジメしてきますね。

こんな時期が続くと頭痛で苦しめられる方が増えてきます。

この時期は湿気が体に溜まりやすくなっている状態で、東洋医学では湿邪が体に侵襲すると言います。

この湿邪が体にあるとどうなるのかお教えしますね。

湿邪とは文字通り、湿気のことで体の中の水分量が増え過ぎている状態です。

そうなると、むくみ、体の重だるさ、頭痛、関節の痛み、食欲不振、下痢、便秘などを引き起こします。

これが続き、症状が酷くなってくると自律神経の乱れも生じます。

まずは、体の中の湿気を取り除くようにしていきましょう。

体の湿気を取ってくれる食べ物をご紹介致します。

おすすめは【まめ、うり、海藻】です。

漢方では、黒豆やハト麦、キュウリやゴーヤ、昆布やわかめなどは体内の水の巡りを良くする働きがあります。

是非、皆様食べてみてください。

次回は、湿気を取ってくれるツボをお教えいたします!