腰部の痛みに関連するトリガーポイント

こんにちは!

神門鍼灸整骨院の本院の西本です!(#^^#)

今回はトリガーポイント第三弾!

日本人の8割が悩んでいる「腰痛」にフォーカスを当ててみました

①腰方形筋:腰骨に手を当てて、親指を立て、その部位を斜め45°に持続圧で指圧します。

②起立筋群:首から腰の背骨から外側にある筋肉で、身体を後ろに伸ばした時に緊張する筋肉です。

この二つの筋肉の✖ポイントを持続圧で3~5秒間指圧×5セットを行います。

これにより、腰痛の緩和が期待できます。

しかし、セルフケアのみでのトリガーポイントには痛みを完全に緩和させるということはあまり望めません。

当院での施術もしっかり受けながらのセルフケアを行っていただくことで、さらに症状の緩和が期待できます!

腰痛やお身体のことでお悩みの方は、当院に一度ご相談ください!

神門鍼灸整骨院 本院

0798-49-3333