関節リウマチについて

こんにちは!

神門鍼灸整骨院 本院の西本です(*^^)v

今回は、「関節リウマチ」についてご紹介させて頂きます。

関節リウマチとは?

慢性的な経過をたどって、関節炎を主体とする炎症性疾患です。

主病変は関節滑膜であるが、全身の結合組織にも病変をきたし、

膠原病の中で最も頻度の高い疾患です。

好発年齢は30~50歳代の女性で、症状としては左右対称の手・膝・肘関節の腫脹、疼痛、朝のこわばりなどがみられ、共に皮下結節(リウマイド因子)や易疲労感、微熱、体重減少なども伴います。

主にリウマチで起こる変形はこれらの種類があります。

治療法には、

1、基礎療法:十分な休養、安静、生活指導

2、薬物療法:免疫調整薬、免疫抑制薬、抗リウマチ生物学的製剤など

3、外科療法:滑膜切除術、関節形成術、関節固定術など

4、リハビリテーション:理学療法、作業療法、装具療法など があります。

関節に少しでも違和感があれば、病院での検査を推奨しております。

ぜひ一度当院にもご相談ください。

神門鍼灸整骨院 本院

0798-49-3333